teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:98/2746 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:繝ェ繝医Ν繧ア繝ウ  投稿日:2016年 7月 1日(金)08時55分42秒
  通報
  南アフリカの左上の国、ナミビアに狩猟に行ったのでついでに釣りをして来ました。

ナミビアは砂漠の国と言うイメージが強いのですが、雨季もありその時は道路が随所で冠水します。雨季は僅か1ヶ月程しかなく、残りは長い長い乾季が続き、殆どの川や池は干上がってしまい、時にはそれが数年間も雨が降らない事もあるそうです。

そんな国ですからフィッシングには余り向いていませんが、例外的に近くの池の一つは完全に干上がらず1mクラスのナマズも居るそうです。

満水時には直径が1.5km以上で深さも5m以上あるのですが、今や直径は50m程度、深さは僅か30cm程度、正確には間もなく干上がってしまうのですが、ナマズは土の中に潜ってまた水が増える時を長らく待つのだそうです。

ナマズの名前はネットで調べますとアフリカンクララと言う鰭長ナマズで、空気呼吸が可能で陸上でも短距離ならヒレと体のくねらせで結構進みます。

実はかなりの大物ナマズも掛かったのですが、残念な事にリングが瞬時に伸びてバラシてしまいました。逃がした魚はデカいと言いますが、今回のフックとリングはアマゾンレイクのピラルク1.4mやレッドテール1.2mを釣り上げたのと同サイズですが、それが僅か数秒のファイトだけであっさり針を持って行かれたのですから少なくとも1.2m以上だったと言う事になります。

使ったロッドとリールはサーモン用、ルアーはシーバス用12cmのミノーでした。
次回はフックとリングの強度をもう一つ上げて来ようと思います。
またタイガーフィッシュと言う猛烈な歯を持っている魚との対戦もしてみたいと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:98/2746 《前のページ | 次のページ》
/2746