teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:名無しのリーク  投稿日:2017年 9月13日(水)07時17分52秒
  香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業  
 

(無題)

 投稿者:名無しのリーク  投稿日:2016年12月12日(月)21時55分52秒
  香川県さぬき市ルーちゃん餃子のフジフーヅは派遣にパワハラで指切断の重傷を負わせた糞ブラック企業  

『」札幌日大高校吹奏楽部 × 札幌管楽ゾリステン Joint Concert in kitara』 開催のお知らせ

 投稿者:北海道吹奏楽プロジェクト  投稿日:2015年10月 8日(木)19時01分38秒
  北海道のアマチュア吹奏楽界の新鋭”札幌日大高校吹奏楽部”と道内初のプロの管楽合奏団”札幌管楽ゾリステン”がキタラ大ホールにてJoint Concertを開催致します。
 それぞれの演奏だけでなく合同演奏もお楽しみ頂ける多彩なプログラムとなっております。合同演奏の客演指揮者にはHBPの顧問であり、古豪”札幌白石高校吹奏楽部”の指揮者を務め一世を風靡した米谷久男氏を招聘致しました。
若いエネルギーとプロの協演を是非ともお楽しみください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
札幌日大高校吹奏楽部 × 札幌管楽ゾリステン Joint Concert in kitara
2015年10月27日(火) 18:30開場  19:00開演
札幌コンサートホールKitara 大ホール
────────────────────────────────────
■合同演奏指揮
米谷 久男

■指揮
木田 恵介(札幌日大高校吹奏楽部顧問 札幌管楽ゾリステン常任指揮者)
畠中 秀幸(北海道吹奏楽プロジェクト代表)

■プログラム
O.レスピーギ
 交響詩「ローマの松」 より
J.S.バッハ
 幻想曲とフーガ ト短調 BWV542
P.I.チャイコフスキー
 交響曲第4番 ヘ短調 作品36 より 第4楽章 他

■入場料(全席自由)
一般 ¥1,500(当日券¥1,700)
高校生以下 ¥800(当日券¥1,000)

■チケット取り扱い
チケットぴあ(P:269-101) Kitaraプレイガイド
三響楽器 道新プレイガイド 大丸プレイガイド
スタジオ・シンフォニカ

■お問合せ先 : スタジオ・シンフォニカ TEL:011-215-6400 Mail : hbp@hotmail.co.jp

協賛:三響楽器株式会社 ローランド株式会社
後援:札幌市・札幌市教育委員会 北広島市・北広島市教育委員会 札幌フルート協会 札幌トランペット協会

http://hbp2009.com/solires.html

 

途上の家ライブのお知らせ

 投稿者:スタジオ・シンフォニカ  投稿日:2015年 4月30日(木)13時38分38秒
  JaXon×中西圭三×畠中秀幸×札幌管楽ゾリステン
”途上の家ライブ”

ピアニストでテレビ番組挿入曲など提供しているJaXon氏。
歌手であり、「Choo Choo TRAIN」など有名アーティストへの楽曲提供を行っている中西圭三氏。
札幌を中心に活動しているプロ管楽器合奏団「札幌管楽ゾリステン」。
そして、建築家でありフルーティストの畠中秀幸。
上記のメンバーで札幌ー東京の音楽の架け橋となるべくプロジェクトとして演奏会を催す運びとなりました。
6月16日(火)
オープン18:30 スタート19:00
チャージ3000円
限定50名
曲目
・甦生
・あこがれ
・美しい唄 他

出演
JaXon
中西圭三
畠中秀幸
札幌管楽ゾリステン
 クラリネット 大久保陽子
 サクソフォン 西村 彰紘
 トランペット 櫻井 匡
 トロンボーン 萩原 靖弥

詳しくは、下記HPにてご確認ください。
http://sinfonica.co.jp/
 

第六回吹奏楽フェスティバルへのお誘い

 投稿者:北海道吹奏楽フェスティバル実行委員会  投稿日:2014年11月30日(日)19時15分41秒
  ※書き込み内容が不適切な場合は、お手数ですが削除をお願い致します。

突然の書き込み失礼致します。

北海道吹奏楽プロジェクト(HBP)では、 ちえりあさまと共催で第6回『北海道吹奏楽フェスティバル~吹奏楽で世界旅行~』を下記の2日間に渡り開催する運びとなりました。
1日目は、札幌在住のプロの演奏家たちにより構成された管楽合奏団である「札幌管楽ゾリステン」が演奏を行い、2日目は札幌管楽ゾリステンに加え、道内各地から各団体の枠を超えて集まった大学生から実年層までのアマチュア演奏家によって構成される「HBPアカデミーバンド」及び、札幌近郊の中・高校生が演奏を行ないます。みなさまのお越しをお待ちしております。
 詳しくは http://hbp2009.com/ をご確認ください。

◯【1日目】2014年1月30日(金)19:00開演(18:30開場)/21:00終演予定
 『札幌管楽ゾリステン リサイタル』~鑑賞される吹奏楽をめざして~
 常任指揮者:木田恵介(札幌日大高等学校教諭)
 ソリスト:萩原靖弥(トロンボーン)
 トロンボーンと吹奏楽のための協奏曲/R.コルサコフ
 マードックからの最後の手紙/樽屋 雅徳
 歌劇「トゥーランドット」より/G.プッチーニ  他

◯【2日目】1月31日(土)15:30開演(15:00開場)/19:30終演予定
 『北海道吹奏楽プロジェクト コンサート』~吹奏楽でつながろう!~
 指揮者:米谷久男 木田恵介 笠原禎 畠中秀幸 他
 ソリスト:立花雅和(フルート)
 出演   :HBPフェスティバルバンド
       (札幌管楽ゾリステン×HBPアカデミーバンド)
 出演校:札幌市立八軒東中学校、札幌市立札苗北中学校、北広島西の里中学校、札幌市立八軒中学校
     札幌手稲高等学校、札幌あすかぜ高等学校
 ゲスト:札幌日本大学高等学校
   大阪俗謡による幻想曲/大栗裕 レ・ミゼラブル/C.シェーンベルク  他

【会場】札幌市生涯学習センターちえりあホール(札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10)
  1日目 一般2,500円(当日2,700円) 大学生以下 1,000円(当日1,200円)
  2日目 一般1,000円(当日1,200円)    大学生以下  500円(当日 600円)
  通し券 一般3,000円        大学生以下     1,200円
  身障者割引がございます。下記お問い合わせ先にてご予約下さい。

【チケット取り扱い】
ちえりあメディアプラザ、ローソンチケット(Lコード:12529)、三響楽器㈱、大丸プレイガイド、道新プレイガイド、スタジオ・シンフォニカ


お問い合わせ:北海道吹奏楽プロジェクト実行委員会(スタジオ・シンフォニカ内)
 Tel:011-215-6400 E-mail:hbp@hotmail.co.jp
 

Facebookに・・・

 投稿者:Musica M.  投稿日:2014年 6月16日(月)09時25分13秒
編集済
  日頃は札幌コンセルヴァトワールのHP及び、掲示板をご愛読頂きましてありがとうございます。
この度、こちらのHPと並行して、Facebookに札幌コンセルヴァトワールの新しいサイトが誕生致しました。
https://www.facebook.com/sapporoconser

Facebookのサイトでは音楽院の日常や卒業生の皆様の活動などを日々綴っております。記事と同時に写真も投稿でき、より皆様とのコミニュケーションも取りやすくなりました。
Facebookをされていない方でもご覧になれますので、是非お楽しみ頂けましたら幸いに存じます。今後とも引き続き、札幌コンセルヴァトワールをご愛顧の程、どうぞよろしくお願いいたします。

http://www.facebook.com/sapporoconser

 

お知らせです

 投稿者:宮澤功行  投稿日:2014年 5月24日(土)23時37分52秒
  札幌Conservatoire・Clubの会員の皆様へ:
*,札幌コンセルヴァトワールでは過去10年間に渡り活動をしてきましたClub・Conserの運営を中止する事を5月9日の定例会議で決定しました。
その理由の一つは不特定多数が簡単に書き込めるSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を活用しての運営は「掲示板の荒らし」と「出会い系サイトなどのバナー広告」の被害に合ってしまうからです。
*,札幌コンセルヴァトワールは皆様のコミュニケーションの場として新たにFacebook上に「札幌Conservatoire」交流サイトを立ち上げましたので下記のURLを活発にして頂きたいと願っています。
*,会員の皆様には悪しからずご理解の程、宜しくお願い申し上げますと共に10年に渡る当音楽院へのご厚情に心より感謝を申し上げます。敬具
札幌コンセルヴァトワール院長:宮澤功行
平成26年5月24日(土)

https://www.facebook.com/sapporoconser

 

感動の連続でした

 投稿者:沼澤理絵  投稿日:2014年 5月 2日(金)00時33分22秒
  4月29日に行われた「ミューズに捧げしコンサート」、宮澤先生の長年に渡る音楽教育の集大成ともいえる素晴らしいステージでした。  楽譜とにかく、ステージが華やか! 花と香りが溢れ、映像あり、その中で映画の主人公のごとくパフォーマンスを繰り広げる演奏者たち・・・・  その演奏はもうホント、度胆を抜かれるほどにハイレベルで これだけの力を引き出すステージに驚きの連続でした。
 Musica先生のポエム朗誦にも大いなる感銘を受けましたし、棚瀬先生率いるロシア研修旅行シリーズも心に響きました。このようなグローバルな視野を持った先生方の教育は必ずや子供たちを大きく羽ばたかせてくれることでしょう。 すでに何人もの音楽院の卒業生が世界各地で活躍していることも大きな励みになりますね
 これからも聴くものをワクワクさせてくれるコンサート企画、楽しみにしています。   拍手拍手
 

発表演奏会2014

 投稿者:丸山奈津視  投稿日:2014年 3月 3日(月)23時25分43秒
編集済
  2月22、23日の二日間に渡って行われました今年の札幌コンセルヴァトワール発表演奏会は、ご出演された方の心のこもった素晴らしい演奏、そして観客の方の温かいまなざしに見守られながらの中、盛会裡に終了致しました。

自分としては、まだ余韻から覚めず、現在進行形だったので、気がつくと早1週間が過ぎていました。つい昨日のように、光彩を放つピアノの響きや大きな拍手の音が蘇ってきます。それ程に今年は印象深い発表会となりました。

今年は私は実行委員として参加させていただきましたので、ほとんどステージの外側から声援を送りながらの形となりましたが、また特別に心に残る発表演奏会となりました。

今年も、多彩でバラエティ豊富なプログレッシブなスタイルでおおくりしました演奏会ですが、クラシックの粋が集結し、様々の時代や国の大作曲家たちの作品の夢の共演とも言えるような、まるで音楽の宝庫のようなプログラム構成、ご出演者の方のお一人お一人にとっての素敵なステージであると同時に、また色々な曲と遭逢できることでお楽しみいただけた演奏会だったのではと思います。

棚瀬先生が企画されたロシア研修旅行報告記では、ナレーションの棚瀬先生をはじめ、ロシアの民族衣装を身にまとって、プロジェクターによる美しい映像を背景に、素晴らしい演奏を聴かせてくださいました。
その地を自らの足で踏みしめた時の足音やリズムのように五感で取り込んだエレメントが溶け込んだとても自然な音色に、ロシアの移りゆく季節の光景や、流れゆく風景、刻む時のリズムを感じさせてくださいました。
ご出演の生徒さんがお一人お一人演奏の前に研修旅行でのレッスンや演奏会、観光などの様子を映像とともに報告してくださいました。皆さん沢山の貴重な体験をされ、本当に楽しい旅行だったということが伝わってきましたし、心の中の大切な思い出を分けていただいたような気がしました。素敵なお話しと演奏をありがとうございました。

出演させていただくのが今年3回目となりました室内楽では、メンデルスゾーンのピアノトリオを演奏させていただきました。生まれながらに裕福な家庭に恵まれ、順境の中で生涯を送ったメンデルスゾーンの、穏やかな笑顔の向こう側に潜む内に秘めた哀しい心の嘆きをお伝えできるよう、想いを指先にたくして演奏させていただきました。共演させていただきました竹本先生、高杉様、無限の言葉が詰まったような音色で語りかけるようにレッスンしてくださいました宮澤先生に深くお礼を申し上げます。

また、今回は実行委員の一人としてご出演者全員が、お一人お一人の心の中に残る素敵なステージとなることを願い、そのためにできる事は何かということを常に思いながら準備に取り組んでまいりました。
全てに対してご満足いただけたかは不安でしたが、自分たちなりに精一杯させていただき、とても良い演奏会でした、という温かいお言葉も沢山いただき、大変感謝しております。音楽を通して、人の温もりに触れることができることも、とても嬉しいことだと思いました。

お一人お一人演奏される楽曲と長い時間向き合い、深く知ることで、曲ととても仲良しになることができ、演奏者は曲に愛着を感じるようになりますが、曲の方からも微笑みかけてくれるようになるような気もします。
一つのテーマを選んで、じっくり取り組み、それぞれ成果を得て披露する発表会は、他の学習等にもつながっていく力を養われるような気もしました。

それぞれのパーソナリティが光る演奏者の方々、全力で指導にあたられた先生方、会の運営を支えられたスタッフ、先生方、素晴らしい演奏をより魅力的に際だたせてくださる効果をあげるために舞台装置を駆使してくださったホールのスタッフの方々、関わってくださった方全員の力が合わさり、皆様に感動していただき心に刻まれる素敵な演奏会となりました。
多くの人たちの想いが1つとなり、全てのご出演者の方の最高に輝く瞬間となっていただきたいという願いの結晶は、会の大成功という形となってのこりました。

ありがとうございました。
 

情熱の日 芸術祭

 投稿者:丸山奈津視  投稿日:2014年 2月 4日(火)01時53分11秒
編集済
  2月2日は札幌コンサートホールKitara大ホールにて開催された情熱の日 芸術祭を拝聴させていただき、沢山の元気をいただいてきました。

屋外はまだまだ冬模様の札幌ですが、春がもうすぐそこまで歩みよってきているようにうららかで、ほんのりと花の香りを含んだような空気に満ちたホール内で、ソロ演奏から協奏曲まで情熱あふれる華やかなステージが展開されました。

昨日は節分でしたが、もうじきやってくる春の訪れを祝うように、音が重なってゆくごとに、色鮮やかに花びらを大きく開いた花がステージをいろどる光景が目に浮かびました。
さらに満開の花びらは、宙に舞い上がって観客の感動のため息を包み込んで溶け込み、春の爽やかな空気が広がっているかのように感じました。

ソロ部門では、低気圧も後ずさりしてしまうような情熱と燦然とした輝きで、思いの全てが込められた音粒が、直接心に語りかけるように伝わってくる素晴らしい演奏ばかりでした。

自ら光を放つ恒星のように輝き、ホール中を自分の音色で満たす数分間はかけがえのない瞬間になったのではないかと思います。

言葉にすると、微妙に色合いが変わってしまうこともありますが、音は何も介することなく、そのままストレートに心を振動させるので、色々な思いを体で感じることができる素晴らしさがあると思います。

作品は演奏されることによって偉大な作曲家たちの思いや意志が永遠に生き続けることができるのかもしれないと感じました。音楽を学んだり楽しむことの大切さや素晴らしさを改めて思わせていただけました。

演奏者にとって憧れのステージのコンチェルト部門は、どの曲もダイナミックで迫真に迫る演奏で、聴きごたえ満点で時間があっという間に過ぎたように感じました。

もの悲しく秀麗なヴァイオリンの音色やチェロの哀愁の響きに心を揺さぶられ、ピアノの鍵盤に託された渾身の奏でが、繊麗であり力感あふれるオーケストラに乗せて、多色なイメージを鮮明に描き上げていました。
チャイコフスキーはファンシーな音色にファンタジーの世界が目の前に現れるよう、ショパンは切なさや恥じらいを初々しく歌いあげられ、ラフマニノフはロマンチックに、サン サーンスは地中海のエメラルドグリーンの煌めきとエキゾチックで神秘的な響きを、それぞれソリストの端麗な演奏とオーケストラのシンパシーとで、様々のシーンを映し出し、とても感動的でした。
今年も、6月8日にコンクール シューレのセミファイナルが開幕しますが、入賞された方は、素敵なホールで演奏することのできる大変貴重な機会を得られるなど、頑張られた時間は形となって返ってくると思いますので、是非また沢山の皆様に参加していただきたいコンクールだと思います。

ご出演された皆様ありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/124