teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


志田様へ

 投稿者:blackdog  投稿日:2011年 9月19日(月)21時18分15秒
   あなたの投稿のリンク先をクリックすると、怪しげなファイルをダウンロードしましたので、セキュリティ保全の為、書き込みを削除させていただきました。
 より適切な形での投稿をお持ちしております。
 
 

Re: こんなことも

 投稿者:blackdogメール  投稿日:2009年 4月18日(土)21時40分37秒
  > Gishi さま

 三崎マグロ名人戦の事は、もう既に知っています。
 三軒茶屋さんのブログとか、かなり読者の多い所でこの話題を扱っているのは、大きいと思います。

 いや、もう、酷いですよね。
 私、それなりに言葉に就いては自信があったのですけど、今回の件に関しては「酷い」の一言しか出てこないです。修業が足りないのかも知れませんが、出来ればこう言う修業はやらないで済ませたいものです。

 仕事で忙しかったのとか、他の理由もあるのですが、お陰で「将棋世界」誌の購買意欲が萎えています。
 名人戦騒動の時の様な大本営発表を、又、やるんでしょうかねえ……

 因みに連盟はこの件に就いて、サイトでこんな釈明をしています。

http://www.shogi.or.jp/topics/news/200904/post_180.html

 「日本将棋連盟に対しては「後援」、LPSAは協賛」であった事と「三崎支部はLPSAに協力している方と、意見の違う支部会員の方が新しく立ち上げた横須賀支部に分かれました。」と言う、普通なら何の因果関係も無い事が、此処では繋がって書かれています。
 これを読んで、却っておかしいと思わない人は、いないんじゃないかと。
 

こんなことも

 投稿者:Gishi  投稿日:2009年 4月17日(金)23時14分56秒
  あったようですね。

マグロ名人戦で起こった出来事
http://blog.livedoor.jp/mikuraukawa/archives/581378.html

マグロ大会は昔参加したことがありますが、地域密着型の良質なイベントと言う印象を持っています。
また、この方のブログの中に「普及指導員とは」との興味深いエントリーもあります。

いろいろ思うところありますが、将棋界のこのような現状を大変残念に感じます。
 

うんざり

 投稿者:blackdogメール  投稿日:2009年 3月 4日(水)11時21分27秒
  ブログの方にも書いたのですが、吐き出してしまいたいので。こちらにも。
---
 こんな事件となった事を、うんざりとしている。

将棋・チェス@2ch掲示板「※vsmtmt」まとめサイト
http://www23.atwiki.jp/yonemtmt/

残念ですが - 松本博文ブログ
http://mtmt-blog.com/2009/03/post-1255.html

緊急声明 - 松本博文ブログ
http://mtmt-blog.com/2009/03/post-1256.html

皆様へのアンケート - 将棋ペンクラブログ
http://silva.blogzine.jp/blog/2009/03/post_b0f1.html

アンケートの結果 - 将棋ペンクラブログ
http://silva.blogzine.jp/blog/2009/03/post_939c.html
 

Re:The Chebanenko Slav

 投稿者:Gishi  投稿日:2008年 7月29日(火)07時02分23秒
編集済
  これ面白そうだな、と思って本を買っているときりがなくなるので、
私も最近は厳選して買うように心がけています(がっかりすることも多かったので)。

巨大なデータベースを使うようになってから、
オープニングの本を買うことはめっきり少なくなりましたが、
そのオープニングの思想を理解するにはやはり本が一番です。

最近買ったものでは、Revealedシリーズが気に入っています。
細かい手順はあまり載っていませんが、
思想や戦い方を理解すると言う点では非常に良い本です。
 

The Chebanenko Slav

 投稿者:maro_chronicon  投稿日:2008年 7月28日(月)11時59分0秒
  語学力が無くても楽しめるので、気になった本格的な定跡書は買うようにしてるんです。
買う量は控えめになりましたが、これなんかは、著者と定跡名を見ると欲しくなります。
 

The Chebanenko Slav According to Bologan

 投稿者:Gishi  投稿日:2008年 7月27日(日)20時22分7秒
  maroさんはこんな本まで読んでるんですか。凄いですね。

ボロガンは対e4で私の得意形(秘密)を指す数少ないGMなので、調べ物をしているとヒットすることが多いです。対d4でのスラブの採用率は低かったと思いますが、一番弟子だから書けたのですね。

スラブ(セミスラブ)をしっかり指しこなせる人は、それだけで上級者と言って良いと思っています。
 

Nepomniachtchi

 投稿者:maro_chronicon  投稿日:2008年 7月 3日(木)22時55分52秒
  ニポは私も二年前から応援してました。1.e4. e5 に2.d4が得意でしたよね。中盤の構想のスケールのでかい、「絵の描けるプレイヤー」ではないかな、と踏んでます。クラムニクやカールセンの時もそうでしたが、目をつけた子が育ってゆくのを追うのは楽しいです。  

Dortmund

 投稿者:Gishi  投稿日:2008年 7月 3日(木)13時01分43秒
  maroさんは「聞き慣れない名が混じっており、やや物足りない。」と書かれていますが、
Nepomniachtchiが好きなプレイヤーなので注目しています。

彼は変わったオープニングも指すプレイヤーで、
オープニングレパートリー構築の際に参考にしています。
 

近況&レス

 投稿者:blackdogメール  投稿日:2008年 6月18日(水)11時36分12秒
   通信チェスの事。
 対局数を減らさないと、とほざいておきながら、早川杯に参加表明。但し、JCCA の他の公式戦が対戦者全てとの白番黒番1局ずつの形式なのに対し、早川杯はシングルラウンドロビンなので、対局数は然程は増えない。
 開始は7月の予定。

 通信将棋の事。
 絶賛、連敗中。只、前3局は自分のふがいなさしか無かったが、直近の負けは中盤の捻じり合いが充分に出来たので、まあ、納得。
 前半の残りの局も此方の不利で進行中。

--

> Gishi さま

 呉清源と神様の事に就いては、以下の wikipedia を見付けました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%BD%E5%AE%87

 森内さんの側で見ていたので、あの局は残念でした。
 

レンタル掲示板
/10